医療安全管理指針                               

第一  趣旨

    本指針は、当院における医療事故の発生防止対策及び医療事故発生時の対応方法等、医療に係る安全管理に関する

下記事項について定めるものである。

1.医療機関における安全管理に関する基本的な考え方

2.医療に係る安全管理のための委員会等の組織・体制に関する基本的事項

3.医療に係る安全管理のための職員研修に関する基本的事項

4.事故報告等医療に係る安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

5.医療事故発生時の対応に関する基本方針

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

7.その他医療安全の推進のために必要な基本方針

 

第二  基本的な考え方

     医療安全は、医療の質に係る重要な課題である。また、安全な医療の提供は、医療の基本となるものであり、

職員一人ひとりが医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題として認識し、医療安全管理体制の確立を図り、

安全な医療の遂行を徹底することが重要である。医療事故を防止するに当たり、「ヒューマンエラーは起こる」を

前提に「エラー」に対する個人の責任の追及よりも、「エラー」に対する原因を究明し、その防止対策を立てて

いくことが極めて重要である。

    このような考え方のもと、医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、病院全体の組織的な事故防止対策の

二つを推進することによって医療事故を防止し、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整備することを

目標とする。

 

第三  医療安全体制

1.医療安全管理体制委員会

当院における医療事故防止対策の充実、医療事故発生時における迅速な対応および医療安全管理体制の

充実を図る目的で、医療安全管理体制策委員会を設置する。

本委員会は次に掲げる業務を行う。

(1)医療安全管理体制の整備に関すること

(2)医療安全管理に関する調査および情報交換に関すること
   (3)医療事故等に対して、原因分析・評価、改善策立案・実施および職員への周知に関すること

(4)重大な医療事故への対応に関すること

(5)医療安全に関する職員の教育および研修に関すること

(6)その他医療安全管理に関すること

 

2.医療事故防止対策委員会

当院における医療安全管理に関する諸問題を検討し、安全な医療の提供を推進する目的で、
   医療事故防止対策委員会を設置する。

本委員会は次に掲げる事項について活動する。

(1)医療事故防止およびその対策に関すること

(2)医療事故防止対策マニュアルの作成およびその遵守状況の確認に関すること

(3)各部署からの報告事例に対する、事故防止策の検討および部署間の意見調整に関すること

(4)院内の医療事故防止活動および職員への周知に関すること

(5)医療事故防止対策に関する職員研修の企画立案に関すること

(6)委員会の月に一度の定期開催に関すること
   (7)その他医療事故防止対策に関すること


   3.医療安全推進担当者(リスクマネージャー)

診療部、看護部、コメディカルおよび事務部の各所属に、医療安全管理に関する取り組みを推進する

医療安全推進担当者をそれぞれ1名配置する。

医療安全推進担当者の役割は以下の通りである。

(1)医療事故防止対策委員会の構成員

(2)医療事故防止および安全対策に係る改善方策の企画、立案および提言

(3)医療事故防止対策委員会において決定した事故防止および安全対策に関する事項の所属職員への周知徹底

(4)所属職員に係るアクシデントおよびインシデント等報告書の提出の徹底、取り纏め

(5)所属職員に係るアクシデントおよびインシデント等の原因分析および再発防止策の検討

(6)その他医療事故防止等、医療安全管理の徹底

 

第四  医療安全管理のための職員研修

1.医療に係る安全管理のための基本的考え方および具体的方策について、全職員に対して周知徹底を図るため、

医療安全管理のための院内職員研修を年2回程度定期的に開催する。
    2.病院長は、院内で重大な事故が発生した場合、必要があると認めたときは、臨時に研修を行い、注意を促す。

 

第五  医療安全管理のための具体的方策

1.医療安全管理マニュアルの策定

医療安全管理の具体的な要点を定める医療安全管理マニュアルを整備し、関係職員に周知する。

また、必要に応じて適宜見直す。

2.医療事故等報告制度の徹底

各部署での経験を病院全体で共有すべきであるという観点に立ち、アクシデントまたはインシデント等が発生した場合の

報告制度の徹底を図る。

3.職員教育の充実

前述の通り、医療に係る安全管理に関する知識および技能の維持向上を図るため、職員教育プログラムの充実に努める。

4.業務標準化の推進および業務改善

医療に係る安全管理のため、以下の事項の推進を図り、計画・実施・評価という一連の過程を通じて継続的な業務改善を行う。

(1)業務の標準化(クリニカルパスの充実、科学的根拠に基づく医療の実践)

(2)業務の統一化(各種作業手順、物品の保管配置等)

(3)医療事故事例等の情報を活用した医療安全管理

 

5.インフォームド・コンセントの徹底

患者自ら治療方法等を選択できるようにするため、医療従事者は、患者の理解と納得が得られるようわかりやすく説明し、

その内容を診療録等に記載する。

また、医療を提供する際には、その内容を日々の診療の場で患者に説明するとともに、想定しない結果が生じた場合には、

患者に対して速やかに十分な説明を行う。

6.相談体制の充実

地域連携室・医療相談室等患者相談部署との連携を一層密にするとともに、患者の声等病院に対する意見を尊重し、

業務の改善に努める。

 

第六  医療事故発生時の対応

1.初動体制

医師が現場に到着するまでの間、事故の被害を最小に止めるための処置を講じ、院内の総力を結集して、

患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。日頃から患者の急変に備えた体制を整え、緊急事態を

想定した訓練を怠らないよう心がける。

2.病院内における事故等の報告

事故発見者または当事者は、速やかに報告手順に従って上司へ報告し、定められた様式の文書

(インシデント・アクシデントレポート等)を提出する。緊急を要する場合は直ちに口頭で報告し、

その後速やかに事故に直接関与した当事者、若しくは発見者等が文書による報告を行う。

3.患者・家族への対応

患者に対しては誠心誠意の治療を行うとともに、患者・家族に対しては出来るだけ早く誠意を持って

事故の説明を行う。説明に際しては、複数のスタッフで臨み、原則として主治医が説明者となり

客観的な事実の説明を行うとともに、説明の内容は正確に診療録に記載する。

4.事実経過の記録

医師、看護師等は、事実経過(患者の状況・処置の方法を含む)および患者・家族への説明内容等を

診療録・看護記録等に詳細に記載する。記録に当たっては、事実を経時的・客観的かつ正確に記載する。

5.保健所、警察署への報告、届出

医療事故が原因で患者が死亡するなど重大な事態が発生した場合、事務部長は院長の指示を仰ぎ、

速やかに所轄警察署・保健所に届出をする。

6.初期対応後の対応

事実の調査や原因の検討を行うとともに、患者・家族等の心に与える影響を最大限に配慮し、

隠し立てのない事実の説明と、必要な場合は率直な謝罪、事故再発防止への取り組みなどを説明し、

誠実に対応する。

7.事故の分析、評価と事故防止への反映

事故の原因分析と評価検討により、事故の再発防止策への反映を図る。

 

第七  医療安全管理指針の閲覧

      本指針は、北関東循環器病院ホームページに掲載するとともに、患者・家族等から閲覧の求めが

あった場合はこれに応じるものとする。

 

第八  その他

     本指針の改正については、必要に応じて、運営会議に諮り決定する。

 

(附則)

    本指針は、平成19年9月18日から施行する。
   (附則)

    平成19年9月18日から施行。
    平成20年11月14日一部改訂。