狭心症・心筋梗塞  腎血管性高血圧(腎動脈狭窄症)  成人先天性心疾患の外科治療  下肢静脈瘤
 心不全  閉塞性動脈硬化症  心臓弁膜症  大動脈の病気
 不整脈  腎不全 透析療法  冠動脈バイパス術  
 高血圧    頸動脈狭窄症  整形外科
  眼  科  人間ドック     救急医療
大動脈の病気 

大動脈とは
 大動脈とは最大の動脈で全身に血液を送り出す動脈の本幹です。心臓から直接出て少し上行し、その後背骨の左隣を下行し横隔膜を超えて腹部に至り、お臍の付近に両足方向に分かれるまでの太い動脈を指します。横隔膜より上の部分を胸部大動脈、下の部分を腹部大動脈と呼びます。

大動脈の病気
 大動脈瘤と大動脈解離の2つがその代表です。主に動脈硬化のために起こってくることが多いです。他の原因(外傷、感染、先天的な組織の異常、変性など)もあります。

大動脈瘤
 大動脈の壁が部分的に拡張しこぶのようになっている状態です。一般的には症状に乏しく検診などで初めて見つかることがほとんどです。胸部大動脈の太さは約3cm、腹部大動脈の太さは約2cmですが、大動脈瘤となり大動脈の径が約2倍以上の太さになってくると破裂する危険性もでてきます。大動脈がいったん破裂すると死に至る危険があります。

大動脈瘤の治療
 一旦形成されてしまうと、元のサイズに戻ることはありません。サイズが小さい間は高血圧の治療をして大きくなるのを予防します。定期的に検査をして大きくなっていないかチェックすることも重要です。大きくなって破裂する危険性が出てくると外科的な治療が考慮されます。
外科的治療には人工血管置換術とステントグラフト内挿術の2通りあります。動脈瘤の位置、形、血管の正常、年齢などいろいろなことを考慮してどちらかの治療法を選択します。

大動脈解離

急性大動脈解離
 突然大動脈の内側に亀裂が入ってそこから壁が裂けてしまう病気です。大動脈の裂け目が進行し、枝を巻き込んだり、破裂したりする危険性があり、とても恐ろしい病気です。発症時の突然の激しい背部痛、腰痛が特徴的です。すぐに入院が必要で、タイプによっては救命のため緊急手術が必要です。

 
胸部大動脈人工血管置換術





胸部大動脈ステントグラフト内挿術



腹部大動脈人工血管置換術



腹部大動脈ステントグラフト内挿術



                                        提供:Medtronic


 
心臓血管外科部長
 中島 邦喜