北関東循環器病院 血管病センター
 閉塞性動脈硬化症(足の血行障害) Q&A  
Q2:「足の血行障害」の中で、一番多いのはどの病気ですか?
A:「足の血行障害」というのは、いろいろな原因で足の血管(動脈)が狭くなったり、ふさがってしまい血行が悪くなってしまう障害です。そのため足の筋肉などの組織に、酸素や栄養が行きにくくなってしまい、運動をすると足が痛くなったり、ひどい場合には足が腐ってしまうことになります。

この「足の血行障害」を起こす原因には、

1.血管の動脈硬化によるもの (閉塞性動脈硬化症: ASO または PAD)

2.血管の炎症によるもの (原因不明の難病の「バージャー病(閉塞性血栓血管炎)」や、
  「大動脈炎症症候群・別名:  脈なし病」など)


3.膠原病によるもの

4.不整脈などで心臓に出来た血の固まり(血栓)が、足の動脈につまってしまうもの

などがあります。これらの血行障害は動脈の病気ですが、ちなみに、足の静脈(血液がかえってくる方の血管ですが)の血行がとどこおった場合に起きるのが静脈血栓症や、静脈瘤といいます。長時間飛行機に乗った後に起こる「エコノミー症候群」として最近有名なのは、足の静脈に出来た血の固まりが肺などに飛んで、血管をつまらせてしまうものです。「肺血栓塞栓症」ともいいます。

Q3:閉塞性動脈硬化症になると、どんなことが起きるのでしょうか?
Q4:なぜ潰瘍や壊死が起きたりするのでしょうか?
Q5:閉塞性動脈硬化症はどんな人に多いのでしょうか?
Q6:閉塞性動脈硬化症かどうか知る為に大切な自覚症状がありますか?
Q7:「足の血行障害」と検査の方法にはどんなものがあるのですか?
Q8:検査や診断をける際何か注意する点はありますか?
Q9::「閉塞性動脈硬化症」の治療はどんなものがあるのですか?
Q10:根本的な治療法というと、どんなことのになるのでしょうか?
Q11:その他にも治療法はあるのでしょうか?
Q12:「足の血行障害」を起こした患者さんが日常生活で気をつけることはあるのでしょうか?
Q13:「足の血行障害の予防方法」はあるのでしょうか?
Q14:心臓や脳の血管の動脈硬化と、足の血管の動脈硬化で、どちらの方がより詰まりやすい、
   といったことはあるのでしょうか?
Q15:体の中には動脈硬化そのものが起こりやすいところがあるのでしょうか?
Q16:足ではかくて手が動脈硬化で血行障害を起こすこともあるのでしょうか?
Q17:動脈硬化が原因の「足の血行障害」では問題は足だけではないということでしょうか?
Q18:「足の血行障害」と「足の疲労」は、どんな点で判断すればよのでしょうか?
Q1:「足の血行障害とはどういう病気ですか?
Q2:「足の血行障害」の中で、一番多いのはどの病気ですか?
A:「足の血行障害」を起こす原因の中で、圧倒的に多いのが足の血管の”動脈硬化”によって起きるもので、閉塞性動脈硬化症といいます。動脈硬化症というのは、動脈の血管の壁にコレステロールなどが付着して、血液の流れをふさいでしまう病気です。例えば、心臓の血管に動脈硬化が起こり狭くなって、血行が悪くなるのが「狭心症」、更に、その血管が詰まってしまうのが「心筋梗塞」です。同じように、脳の血管が詰まってしまうのが「脳梗塞」ですが、閉塞性動脈硬化症はこれと同じメカニズムで、足の血管が狭くなったり詰まるために起きるもので、いわば「足梗塞」と呼んでもいい病気です。
Q3:閉塞性動脈硬化症になると、どんなことが起きるのでしょうか?

A: この病気は、症状の程度、 重症度によってT度からW度までに分けられています。

●T度では、「足の冷えやしびれ」といった症状があります。
ただし、これは正確には「無症状」と言える段階で、この足の冷えやしびれも感じる人もいれば、感じない人もいます。

●U度になると、「歩くと足が痛い」という症状が出てきます。
特に、これは、この病気の一番の特徴的な自覚症状で、「歩いていると足が痛くなるが、しばらく休むと痛みがなくなって、また歩ける」 という症状ですね。(歩いていると、足の筋肉がそれだけ余分に酸素を必要とするが、足の血管が狭くなって必要な分の酸素が送れない為に起きるもの。心臓でいえば、運動をした時に胸が痛くなる「狭心症」と全く同じです)

●更に進行したV度では、「歩かない時、安静にしている時にも、足が痛い」という症状が出てきます。

●最も重い状態、W度では、足の血行が殆どなくなる為に「足に潰瘍や壊死が起きます」
いわゆる壊疽という、足が腐ってしまう状態ですね。この段階になると、最悪の場合には足を切断することになります。

A:W度というのは、心臓でいえば「心筋梗塞」と同じで、足のどこかの血管が詰まってしまって、そこから先に血液が行かなくなっている状態です。
 普通、傷ができれば一週間程度で治るのは、傷を治すための栄養が血液と一緒に患部に運ばれて来るからです。この病気では、それが出来ない為にちょっとした傷でも治らずにどんどんひどくなってしまいます。こういう状態になると、普通なら何でもない水虫や深爪、靴ずれなど、ちょっとした傷でも治らずに、そこから感染を起こして壊死を起こしてしまうことがあります。もし、一度、壊死を起こしてしまえば、放っておくと全身に菌が回って「敗血症」で命を落すこともありますので、足を切断することとひき換えに、何とか命を救うことになります。
 実際、この病気で足を切断する人が閉塞性動脈硬化症全体では約5%、潰瘍や壊死の人の40%が切断に至ります。更に足が腐って敗血症になって命を落してしまう人も3%ほどいます。ちなみに、糖尿病で神経障害を起こして足の傷に気づかずに壊死を起こす場合は神経が障害されているために痛みが少ないのですが、それ以外の人はかなりの痛みがあります。また、こういった症状は基本的には進行しますが、血栓が詰まった場合などは2,3日で急に壊死になってしむこともあります。
Q5:閉塞性動脈硬化症はどんな人に多いのでしょうか?
A:この病気になる人は男性多く男女比は6:1といわれています。年令は70歳前後の方が多いです。(私どもの病院のデータでは、男性87%、女性13%。平均年齢は男性69.34歳、女性71.3歳)
この年令は、同じように血管の動脈硬化で起きる、心筋梗塞や狭心症などの心臓病より、10歳ほど上ですが、その他にも心臓病とは少し違う部分もあります。
それが、この病気になった患者さんが持っている合併症、体質や生活習慣の問題です。
 高血圧、糖尿病、高コレステロール血症など、動脈硬化のリスクを持っている人、また、狭心症などの心臓病や、脳梗塞などの脳血管の病気を合併しているに多いのですが、一番の危険因子は「タバコを吸う人」が非常に多いのが特徴ですね。
 70歳男性の喫煙率は60%程度と言われていますが、私たちの病院のデータでは、この病気の患者さんの喫煙率は85%です。男性の患者さんに限ると喫煙率は95%になります。それも1日20本以上・50年も吸っているという人が多いです。つまり、この病気は「高齢の男性でヘビースモーカーに多い」といえます。
 女性の場合には糖尿病やコレステロール高い人が多く、症状は男性より重症者が多いようです。また、糖尿病が原因で人工透析になった患者さんは、糖尿病で動脈硬化が進んでいる上に、透析のせいで血管にカルシウムが沈着して硬くなり、詰まりやすくなるので、特にリスクが高いですね。
Q6:閉塞性動脈硬化症かどうかを知る為に大切な自覚症状がありますか?
A:この病気は他の動脈硬化が原因で起きる病気と同じく徐々に進行していくので、最初のうちは自覚症状がないことが多いですが、一番判りやすい自覚症状が「足の痛み」です。特に足のふくらはぎの痛みが多いですね。ただ、高齢になると、歩くときに足が痛くなっても、「年のせいだ」と思う人も多いし、筋肉や膝などの病気だと思う人が多いようです。注意しなくてはいけないのは、「歩くときに足が痛む」病気で、もう一つ紛らわしい病気もあります。背骨の骨と骨の間が狭くなってしまう為に神経が圧迫されて足が痛む病気、「脊柱管狭窄症で、こちらも同じように高齢者に多い病気です。但し、こちらは血管でなくて神経の病気なので、同じように「足が痛む」と言っても、幾つか違う部分があります。血行障害が原因の場合は、「歩くと足が痛くなり、安静にしていると痛みはなくなりますが、神経が原因の場合は「安静にしていても痛みがあることが多いです」。血行障害の場合は、「しばらく立って休んでいても痛みがなくなります」が、神経の場合は、姿勢によって神経の圧迫の度合いが違うので、「休む時にしゃがみこむと、痛みが弱くなる。逆に、腰を伸ばすと痛みが増す」といったことがある。また、「自転車は背中を丸めて乗るので、いくら乗っていても大丈夫」ということもあります。血行障害の場合は、姿勢はあまり関係ないですね。
その他にも、血行障害の場合は、「筋肉に負担が掛かる、上り坂で痛みが強くなる」のに対して、神経の場合は「背中が伸びる、下り坂で痛みが強くなる」といった違いもあります。
Q7:「足の血行障害」の診断と検査の方法はどんなものがあるのでしょうか?
A:この病気の診断には、「手と足の血圧を計る方法」が使われています。足の血圧も測定することができます。足の血圧の方が手の血圧より1割程度高いのが普通ですが、この病気では血行が悪くなるために、手より足の血圧が低くなってしまう。数値でいうと、足の血圧が手の血圧に対して(足の血圧÷腕の血圧=)1.1〜1.2倍が正常で、0.9以下なら、足の血行障害が疑われます。当院などでは、両手と両足4箇所の血圧を、同時に計る専用の機械を使っていて、簡単に診断できます。また、この機械では血管の硬さ(PWV)も同時に調べることが可能です。この方法で足の血行障害があるかどうかは診断できますが、さらに足のどの血管がどれだけ狭くなったり詰まっているのかを診断するために「超音波検査(エコー)」や「CT、MRI」を行ないます。これらの検査は、いずれも外来で可能です。最近「3D-CT」という器械では、造影剤を使いますが、立体的な全身の血管の様子が外来でチェックできるようになりました。
Q8:検査や診断を受ける際、何か注意する点というものはありますか?
A:この病気の検査や診断を受ける時に、忘れてはいけないのが、体の、他の部分の検査や診断です。というのも、動脈硬化による血行障害が、足にあるということは、他の血管でも動脈硬化が進行している可能性が高いからです。特に、頭の血管や心臓の血管など、命に直接関わる部分の、検査・診断も受けることが重要です。
 「歩くと足が痛い」という訴えで来院した患者さんに、足の血管を拡げるバルーン治療をしましたが、この人の心臓を調べると冠動脈3本の内1本が詰まる心筋梗塞を起こしていて、こちらも治療をしました。この患者さんは糖尿病ということもあって胸の自覚症状がなかったために、発見が遅れました。
 実際、この病気の患者さんでは同じ動脈硬化によって、心筋梗塞など、血管の病気になる可能性が高く、死亡率も普通の人よりも高くなってしまっています。私どもの調査によれば、この病気の患者さんの死亡率は、普通の70歳男性の2.2倍です。これは「大腸ガン」の死亡率と同じくらい不良です。具体的には、普通の人の死因の1位が「ガン・悪性腫瘍」なのに対して、この患者さんの死因の1位は「心臓病」で32%を占めます。また、ヘビースモーカーが多いということで、肺炎での死亡率も2倍以上も高いのが特徴です。さらに、足に潰瘍や壊死が起きている重症の患者さんでは2年で約半数もの人が亡くなっています。この病気では、足を治療しただけでは患者さんは長生きできないので、心臓を始めとした他の部分の検査や診断、さらに治療も絶対に忘れてはいけないところです。
Q9:「閉塞性動脈硬化症」の治療はどんなものがあるのですか?
A:この病気、「閉塞性動脈硬化症」の治療の第一歩になるのが、「運動療法」と「薬物療法」です。「運動療法」では、無理のない程度という前提はありますが、毎日、歩くことが基本になります。これは足の筋肉を使うことで足の血行がよくなるのと同時に、たとえ本来の血管が狭なったり多少詰まっていても、血管のバイパスが出来るためです。足の血管には主要な血管の他に細かい血管がありますが、運動によって、こういう細い血管がだんだん太くなってきます。
もう一つは、「薬物療法」。血管を拡げる薬や、血管をさらさらにして血が固まりにくくなる薬などを患者さんの症状に合わせて使います。ただし、こういう薬だけで治すことは大変です。例えば、薬を数ヶ月飲んでも、100m歩いて痛くなった足が300m歩けるようになる、といった程度の効果は出ますが、完全に治ったとまでは言えません。すでに、ゴルフをしたいという方にはこれだけでは満足できないわけです。
Q10:根本的な治療法というと、どんなことになるのでしょうか?
A:「閉塞性動脈硬化症」の根本的な治療は、狭心症などの治療と同じく、 「カテーテル治療」「バイパス手術」です「カテーテル治療」では、「足の血管の中にカテーテルを入れて、詰まっている部分を風船(バルーン)付きのカテーテルで膨らます方法」、更に「拡げた部分にステントという金属の鋳型を入れて支える方法」などが行われています。
 カテーテル治療が行えない場合は、もう一つの方法「バイパス手術」を行います。これは、隣にある足の静脈を取ってきて動脈につないだり、人工血管を使って、詰まった動脈のバイパスを作る手術を行います。
私どもが毎日行なっている「カテーテル治療」は3〜4日の入院で、局所麻酔で治療できるという利点があります。傷も3mm程度でほとんど残りません。それに対し、「バイパス手術」は約2週間の入院が必要です。ただし、カテーテル治療では、再狭窄といって、また血管が細くなって症状が再発する確立が、また、バイパス手術よりやや高いという欠点があります。詰まった血管の場所や長さによっても成績が異なりますので、どちらが良いかは循環器や血管外科の専門医に相談してください。
Q11:その他にも治療方法はあるのでしょうか?
A:今までご紹介したカテーテル治療・バイパス手術以外にも、新しい治療法がいくつか登場しています。一つは、「炭酸ガスを使って足の血行をよくする方法 (「高濃度人工炭酸泉浴といいます」)。これは炭酸ガスが出る入浴剤と同じ仕組みで、特殊な膜を使った機械で入浴剤より遙かに多くの炭酸ガスをお湯の中に溶け込ませ、この中に足をつけることで血行を改善するものです。炭酸ガスは皮膚の血管を拡張する作用があるので、この中に足をしばらく入れていると、血行が良くなる。ちなみに、私どもの所では血行障害が起きやすい透析の患者さんにサービスとして行っていますが、ヨーロッパなどでは、これを使った全身浴も行われています。
 もっと進んだ治療法としては、「骨髄移植」も行われるようになっている。これは、詰まってしまった足の血管の代りに新しい血管を作る、いわゆる「再生医療」と呼ばれるもので、自分の骨髄から血管をつくる基になる細胞を取り出して、これを足の筋肉に注射する方法です。これは「骨髄移植」といっても、自分の骨髄から骨髄液を取るのでドナーを探す必要はありません。但し、この血管の基になる細胞は、ほんの僅かしか含まれていないので、これを取り出す為には全身麻酔をかけて500?という大量の骨髄液を腰の骨からとらなくてはなりません。このことから、患者さんの負担を減らすために骨髄からではなくて、普通の血液から血管の基になる細胞を取り出す方法も研究されています。
 更に、先進的な治療法としては、「遺伝子治療」も試験的に行われています。これも詰まってしまった足の血管の代りに、新しい血管を作る、やはり「再生医療」と呼ばれるものの一種で、血管を作り出す遺伝子を足の筋肉に注射することで、新しい血管を作り出す方法です。この治療法で使うのは、肝臓の細胞を増殖させる働きを持つ遺伝子で、これを薬にしたものを足の筋肉数カ所に注射すると、血管が出来てくるわけです。この治療方法は、現在治験の段階で、私どもの病院でも、バイパス手術やカテーテル治療が出来ない、重症の患者さんを対象に行なっています。この治療方法は、血管のバイパスを作る方法としては、将来性のある画期的な治療方法です。ただし、例えば、体内にガンがあると、ガンを養う血管も増えてしまうので、ガンがないことを確認することが必須ですし、糖尿病でめの網膜の血管が増えてしまう病気「糖尿病性網膜症」の人には仕えない、などの問題もありますし、副作用もまだ判らないことがあるのも事実です。
Q12:「足の血行障害を起こした患者さんが日常生活で気をつけることはあるでしょうか?
A:まずは「禁煙」です。タバコは血管を収縮させる働きがあるため、血行が悪くなるし、動脈硬化そのものも進行させてしまいます。
「食生活」では、コレステロールを含む食品を控え、カロリーや塩分を減らす。また、アルコールも控えめにすることですね。
「運動」では、歩くとこで足の血行を良くして、血管のバイパスも増えるので、毎日、無理のない程度に歩くことも重要です。さらに、「血行を悪くしないために、体や足を冷やさないこと」です。また、この病気の患者さんでは、足の小さな傷、水虫や靴ずれなどから、潰瘍や壊死になることはあるので、「毎日、足をチェックして異常がないか確かめ、足を清潔に保つ」、「靴ずれが起きないようにサイズのあった靴を履くこと」なども大切でs。フットケアーといいます。
Q13:「足の血行障害の予防」方法がありますか?
A:「運動をして、食生活に気をつけ、タバコをやめ、規則正しい生活をおくる」というのは、いわゆる「生活習慣病」の予防としてもよく言われることですが、こういったことに気をつけることで、この病気を予防することはもちろん、動脈硬化、さらに、心筋梗塞などの予防にもつながります。特に、この病気の場合はタバコを吸う人がなる場合が多いので、タバコを止めることは予防としても最も大切です。そしてもし「足が痛い」、細かく言えば、「歩いていると足が痛くなって、しばらく休むと痛みが消えて、また歩けるようになる」といった、この病気の特徴的な症状が起きた場合には、一刻も早く、血管や循環器の専門医の所を訪れて、検査と診断を受け、治療をはじめてほしいのです。
Q14:心臓や脳の血管の動脈硬化と、足の血管の動脈硬化で、どちらがより血管が詰まりやすいことはあるのでしょうか?
A:同じ動脈硬化が原因でも、心臓の血管が狭くなる「狭心症」や「心筋梗塞」よりも、足の血行障害「閉塞性動脈硬化症」の平均年齢が高いことから、足の血管の方がやや詰まりにくい、あるいは心臓より後でなる、とかいった傾向はあるかもしれませんが、ひとりひとりんいついては条件が異なるため正確なところは判りません。
 脳の場合、脳梗塞では脳の血管そのものが詰まる場合と、動脈硬化のせいで頸などに出来たコレステロールや血の塊が飛んできて詰まることも多く、脳の血管が他の血管より詰まりやすい、といったことではありません。
 また、足の血管の場合は、心臓や脳の血管と違って動脈硬化で血管が狭くなったり、詰まってもいきなり重大な症状が出る訳ではないので気づきにくい、という面があります。例えば、私どもの病院がある北関東などでは、一人一台というクルマ社会なので、長い距離を歩くことがないために、足の症状に気づきにくい、といった面もあります。
Q15:体の中には動脈硬化そのものが起こりやすい場所はあるのでしょうか?
A:「動脈硬化」は全身の血管で起こるものですが、その人によって起こりやすい場所は異なります。高齢で、動脈硬化が起きている人は、全身の血管でなっている場合が多いので、心臓や脳、足だけではなく、体中の血管が詰まってる可能性はあります。ただし、例えば、心臓や脳のように、場所によって血管が狭くなったり詰まることで、症状が出やすい、発見されやすいところがありますし、その症状が命に関わるところがあるのは事実ですね。また逆に、症状が出にくかったり、影響が少ない場所というものもあります。例えば、「腎臓」の血管が動脈硬化で詰まることもあるが、この場合でも腎臓は心臓と違って二つあるので、たとえ一つが詰まっても症状が出ないといったことがあります。つまり、どこの血管でも動脈硬化が起こる可能性はありますが、あくまでも、症状が出やすい場所や症状が出た時に、命に関わるような場所がある、ということです。
Q16:足でなくて手が動脈硬化で血行障害を起こすこともあるのでしょうか?
A:足の血管が動脈硬化で血行障害を起こすのt同じことは手でも起こっていますし、基本的には、「動かすと痛い」というような足と同じ症状が出ることもあります。ただし、手は足とは違って、動脈硬化で血行が悪くなっても、バイパスが出来やすいとか、足に比べて筋肉の量が少ないし、歩くときのようにずっと使い続けることは少ないので症状が出にくい、といった面はあります。こういうことから、手の症状を訴えて見える患者さんは少ないです。ただし、手の根元の方の血管が鎖骨のところの動脈が詰まった場合には、症状が出ることがあります。この場合、ゴルフの素振りを繰り返していると手がしびれるが、ラウンドしているときは休み休み手を使うので大丈夫、といったようなことで判ることがあります。さらに、ごく稀ですが足と同じように血管が詰まって、手も冷感や疼痛、壊死を起こすこともあります。
Q17:動脈硬化が原因の「足の血行障害」では、問題は足だけではないということでしょうか?
A:足に動脈硬化による血行障害があるということは、全身の血管で動脈硬化が進行していること。また、実際は、脳や心臓の血管の動脈硬化や血行障害が、命取りになることが多いので、こういった部分の検査・診断、そして治療をしっかりしないといけないです。また、逆に、脳や心臓の血管に動脈硬化がある場合には、足でも血行障害が起きている可能性があるし、この場合は、直接命に関わることは少ないが、最悪の場合は足を切断することになることもあるので、心臓や脳だけではなく、足の血管の動脈硬化がないか検査をして、足の血行障害にも充分注意を払ってほしいですね。
Q18:「足の血行障害」と「足の疲労」は、どんな点で判断すればよいでしょうか?
A:血行障害の場合は、歩いている最中に痛みがでますね。夜中に痛むのは足の疲れや腰椎の変形などの神経痛による場合だと思います。朝になって痛みやむくみが治っていれば、問題ないと思います。
Q4:なぜ潰瘍や壊死が起きたりするのでしょうか?
Q1:「足の血行障害」とはどういう病気ですか?