狭心症・心筋梗塞  腎血管性高血圧(腎動脈狭窄症)  成人先天性心疾患の外科治療  下肢静脈瘤
 心不全  閉塞性動脈硬化症  心臓弁膜症  大動脈の病気
 不整脈  腎不全 透析療法  冠動脈バイパス術  
 高血圧    頸動脈狭窄症  整形外科
  眼  科  人間ドック     救急医療
冠動脈バイパス術 
 

虚血性心疾患とは、冠動脈の狭窄、閉塞により心筋に十分な血流が供給できず虚血に陥ると、狭心症や心筋梗塞を発症する病気です。
虚血性心疾患の治療方法としてはカテーテルを用いた経皮的冠動脈形成術(PCI)がありますが左主幹部病変や重症な冠動脈病変でカテーテル治療が困難な場合、外科的に冠動脈バイパス術が必要になります。
冠動脈バイパス術は狭窄した冠動脈の遠位側に血管(内胸動脈や足の静脈)をつなぎ、狭窄部をバイパスすることで心筋への血流を改善させる手術です。
最近では人工心肺を使用しないオフポンプバイパス術も行われておりますが、当院では安全性と血行再建の確実性を目指し、人工心肺を使用したオンポンプバイパス術を第一選択としております。
世界的には75%の症例でオンポンプバイパス術が行われており、オフポンプバイパス術に比べ危険性に差がないこと、バイパスの開存率が高いことは多くのデータで証明されております。

心臓血管外科
 依田 真隆