狭心症・心筋梗塞  腎血管性高血圧(腎動脈狭窄症)  成人先天性心疾患の外科治療  下肢静脈瘤
 心不全  閉塞性動脈硬化症  心臓弁膜症  大動脈の病気
 不整脈  腎不全 透析療法  冠動脈バイパス術  
 高血圧    頸動脈狭窄症  整形外科
  眼  科  人間ドック     救急医療
心 不 全 
 
1.心不全とは

心不全とは、様々な原因により心臓の能力が低下して起こる不健全な状態です。

坂道で息切れがしたり、夜間苦しくなって目が覚めたり、咳をしたりします。
 
2.心不全の種類

@左心不全と右心不全
おもに左室側が原因で起こる心不全が「左心不全」、右心室が原因で起こる心不全が「右心不全」です。
両方悪くなるのを「両心不全」といいます。

A収縮不全と拡張不全
心室の収縮低下した状態によって引き起こされるのを「収縮不全」、一方、収縮力が正常にも関わらず広がりが悪いために引き起こされるのを「拡張不全」といいます。
B急性心不全と慢性心不全
 心不全が急に発症したものを「急性心不全」、徐々に発症したものを「慢性心不全」といって、治療が本質的に違います。
 
3.心不全の原因

心不全は様々な原因により発症します。
代表的なのは以下のとおりです。

 1.狭心症・心筋梗塞などの虚血性疾患
 2.心筋症(心筋自体の異常)
 3.弁膜症
 4.先天性心疾患
 5.高血圧
 6.不整脈
 その他、甲状腺の異常、アルコール、
 膠原病などが原因で発症する可能性があり、
 原疾患の治療が必要になる場合があります。
4.心不全の症状

心不全の種類や程度がさまざまであるように、その症状も実に多様です。以下に上がる症状が心不全の患者様にすべてあてはまるわけではありませんしその症状があるといって必ずしも心不全であるとは限りません。

@血液を送り出す能力の低下による症状
心拍出量が減ったのが原因で、「疲れやすい」「だるい」「動悸がする」など

A血液のうっ滞によっておこる症状
肺に血液のうっ滞が起きて「動いた時に息苦しい」「横になると苦しい」「夜息苦しくて目が覚める」などの症状がおきます。また、体の各部分にうっ滞が起こると、むくみが生じます。肝臓に血液がうっ滞すると、特に食後におなかがはったり、鈍痛を覚えたりする場合もあります。

 
 

5.心不全の治療

◆原因となる病気の治療

  心不全は単なる病気の原因ではなく、心臓の働きが低下した結果、起きた状態ですから、治療の原則は、心臓の働きを低下させたもともとの原因をはっきりさせて、その病気を治療することにあります。
高血圧は心臓の負担になるだけではなく、心臓の筋肉の質的変化を来しますから、そのコントロールは極めて重要です。
狭心症や心筋梗塞が原因であれば、冠動脈に風船(バルーン)を入れて膨らませて、この動脈の血液の流れをよくする風船治療や、バイパ手術などが、心臓弁膜症では弁を人工弁に取り換えるような治療が必要です。詳しくは他のページを参照ください。
しかし、このような治療方法もすでに心臓の働きがかなり低下している場合には、効果に限界があります。

◆慢性心不全の薬による治療

体内に余分な水分を取り除く利尿剤、心臓にかかる負担を軽くするアンギオテンシン変換酵素阻害薬、長期的には心臓に障害を与えやすい神経やホルモンを抑制するベータ遮断薬などがあります。
これらの薬で、心不全症状が改善したり、落ち着いたりしても、症状が再発することがあります。一つは原因となる病気が進行した場合で、この時は薬の処方を改めて検討する必要があります。
また、体調がよくなり、患者様が病気は治ったと自分で判断し、薬の服用を中断して症状が悪化する場合があります。薬の変更は必ず主治医に相談してください

◆日常どんな注意が必要か

@一般的な注意
過労を避けたり、風邪をひかないようにします。肥満は心臓の負担となります。タバコは心臓や肺に有害ですので禁煙は重要です。多量の飲酒も避けるべきです。

A運動について
心不全の重症度にあわせた運動制限も必要です。しかしながら、過度の制限は逆効果です。心不全の程度に、見合った運動は、運動能力のアップにつながり、大切な生活習慣と考えられるようになってきました。適切な運動処方に基づく心臓リハビリテーションは患者様の生活の質を改善して、入院を減らすことが分かっています。

B食事について
食生活も重要です。塩分の取りすぎは体からの水分排泄の妨げとなりますから、塩分制限は重要です。また、過食は避けましょう。肥満を合併している場合はカロリー制限が必要です。

C入浴について
入浴前に浴室全体を温めておいて、洗い場との温度差をできるだけ少なくしておくと入浴中の事故を防ぐことができます。40度程度に調節して入浴時間は10分程度が推奨されます。

 循環器内科  八木 宏明