治験とは



人はケガをしたり、病気になると薬を貼ったり飲んだりします。あたりまえのようにケガや病気にあった薬が処方され、やがて回復していきます。
この薬はわたしたち人間にとって生命維持のうえにおいて大切なものです。それでは、これらの薬はどのようにわたしたちが安全に服用できるように、世の中に出回っているのでしょうか。

数多くの動物実験ののち、薬の有効性と安全性を確認します。
しかし、動物と人間では薬の効き目や、副作用が異なる場合があります。ですから最終的には、どうしても人で有効性と安全性を確認しなければなりません。これを臨床試験といい、国(厚生労働省)から”くすり”として認証してもらうためする臨床試験を治験といいます。そのため、法律に基づいた方法で、正しく行われることが義務付けられ、治験参加者の安全が第一に考えられています。



当院では治験コーディネーター(CRC)を配置し、治験参加者がご不自由なくご参加できるように、万全のサポートをとらせていただいております。


      治験の実績

        治験実施の経緯

        
治験契約件数

        
プロトコール別契約件数

        
治験実施症例数

        
プロトコール別実施症例数

        
治験達成率

        
治験関連記事
                                  
   
   

   TOP