学会発表  2002年(H14年)
1. 尾形敏郎:女性閉塞性動脈硬化症患者の検討。血管外科学会

2. 尾形敏郎:当院における,鎖骨下動脈狭窄に対するstent治療の経験。血管外科学会

3. 尾形敏郎:末梢閉塞性動脈疾患に対する血管内治療の合併症。血管外科学会

4. 熊倉久夫:Superiority of stent placement to PTA or atherectomy in the treatment of iliac-artery occlusive lesions. 循環器学会

5. 杉戸美勝:Hyperhomocysteinemia, hyperlipidemia, and hypertension are risk factors of cerebro-carotid vascular disease in patients with arteriosclerosis obliterans. 循環器学会

6. 野川野菊:Comparison of Plaque-Morphology and Risk Factors in Patients with Arteriosclerosis Obliterans: Assesment of Pre- and Post-Endovascular Treatment by Intravascular Ultrasound. 循環器学会

7. 笠間周:Spironolactone treatment improves cardiac sympathetic nerve activity and symptoms in patients with congestive heart failure. 循環器学会

8. 大滝章男:腋窩ム大腿動脈バイパス術の適応と遠隔成績. 血管外科学会

9. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症に対するステント、PTA、アテレクトミーの長期成績. Metalic Stents & Graft 研究会

10. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の病態とインターベンション ─本邦におけるエビデンスの確立をめざして─. 心血管インターベンション学会 ランチョンセミナー

11. 荻野隆史:閉塞性動脈硬化症に対するステント,PTA,アテレクトミーの長期成績と再狭窄因子. 脈管学会

12. 熊倉久夫:部位特殊性からみた動脈硬化の各種危険因子−閉塞性動脈硬化症における検討−. 脈管学会

13. 市川秀一:わが国における骨粗鬆症の予防・治療に関するHRTの最近の評価

14. 内科の立場から ムHRTに付いてム骨粗鬆症学会 シンポジウム

15. 笠間周:スピロノラクトン併用療法は重症心不全に対し心臓交感神経活性と心症状を改善する, 群馬県核医学研究会

16. 笠間周:総論)心不全症例における心臓核医学的立場からのアプローチ

17. 演題)スピロノラクトン併用療法は重症心不全に対し心臓交感神経活性と心症状を改善する。群馬県内科ケースフォーラム

18. 笠間周:β-blocker 投与にて心不全の悪化を認めたが valsartan と ACE-inhibitor の併用療法が著効した拡張型心筋症の一例群馬県核医学研究会

19. 笠間周:Valsartan と ACE-inhibitor の併用療法が著効した拡張型心筋症の一例. DIOVAN 2nd anniversary

20. 笠間周:β-blocker 投与にて心不全の悪化を認めたが valsartan と ACE-inhibitor の併用療法が奏効した拡張型心筋症の一例 群馬県症例検討会

21. 熊倉久夫:アスピリンは閉塞性動脈硬化症患者の生命予後を改善する. 内科からみた血管疾患研究会

  閉じる