学会発表  2005年(H17年)
1. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症 (ASO) に対する血管内治療の遠隔期成績。−ステント治療の効用と限界−血管外科東海北陸地方会シンポジウム

2. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症患者の合併症とインターベンション。近畿北陸セロトニン研究会

3. 戸塚雅之:経皮的腎動脈拡張術6年後に再狭窄をきたした線維筋性異形成による腎動脈狭窄の1例。 群馬血管造影IVR研究会

4. 熊倉久夫:Lipoprotein (a) and thrombus or calcification measured by IVUS are risk factors of post-endovascular restenosis in patients with peripheral arterial disease.循環器学会

5. 戸塚雅之:Usefulness of Trans Atlantic Inter-Society Consensus (TASC) Stratification for endovascular treatment in patients with peripheral arterial disease . 循環器学会

6. 金井宏義:Long-term complications of stent treatment in patients with peripheral arterial disease. 循環器学会

7. 野川野菊:Intravascular ultrasonic analysis of plaque characteristics associated with different risk factors in patients with peripheral arterial disease. 循環器学会

8. 笠間周:Effects of perindopril on cardiac sympathetic erve activity in patients with congestive heart failure:comparison with enalapril. 循環器学会

9. 笠間周:Dobutamine stress Tc-99m-Tetrofosmin quantitave gated SPECT predicts improvement of cardiac function after carvedilol treatment in patients with dilated cardiomyopathy. 循環器学会

10. 笠間周:Effect of nicorandil on cardiac sympathetic nerve activity after reperfusion therapy in patients with first anterior acute myocardial Infarction. 循環器学会

11. 笠間周:Nicorandil improves cardiac sympathetic nerve activity and left ventricular function in patients with ischemic cardimyopathy. 循環器学会

12. 笠間周:Effect of intravenous atrial natriuretic peptide on cardiac sympathetic nerve activity in patients with decompensated congestive heart failure. 循環器学会

13. 熊倉久夫:下肢の血行障害の症状と治療・予防法。 群馬県市民公開講座

14. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症 (ASO) に対する血管内治療の遠隔期成績。−ステント治療効用と限界−血管外科学会

15. 熊倉久夫:下肢動脈疾患の診断と治療。 東毛動脈硬化診断・治療に関する研究会

16. 熊倉久夫:浅大腿動脈に対する初期および遠隔期治療成績−Stent, PTA, 手術との対比−メタリックステント&グラフト研究会

17. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の病態と血管内治療−合併症、 生命予後、 再狭窄因子−小倉Clinical Vascular Salon

18. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の病態とインターベンション。 日光カンファランス

19. 笠間周:Effects of candesartan on cardiac sympathetic nerve activity in patients with congestive heart failure and preserved left ventricular ejection fraction.心臓核医学会・若手研究者奨励賞 (Young Investigator's Awaed)

20. 笠間周:非虚血性心不全症例急性期における心臓交感神経活性と心筋リモデリングに対するhANPの効果。 群馬hANPフォーラム

21. 笠間周:左前下行枝にSTENT留置後慢性期に中隔枝領域のみに虚血所見が認められた一例−フィルムリーディングセッション−心臓核医学会フォーラム

22. Kasama S:Intravenous atrial natriuretic peptide improves cardiac sympathetic nerve activity in patients with acute heart failure. International Conference of Nuclear Cardiology

23. Kasama S:Candesartan improves cardiac sympathetic nerve activity and plasma BNP concentrations in patients with heart failure and preserved left ventricular ejection fraction. International Conference of Nuclear Cardiology

24. 笠間周:心機能が保持されている慢性心不全に対するcandesartanの投与は心臓交感神経活性を改善する−CHARM−Preserved trialの心臓核医学的検討−群馬生活習慣病講演会

25. 笠間周:経皮的冠動脈インターベンションを施行しなかったがTc-99m-MIBIの著明なwash out亢進を認め壁運動が改善した高齢者前壁心筋梗塞の一例 −BMIPP/TL dual SPECTとの比較−群馬県核医学研究

26. 笠間周:慢性心不全症例の評価(心臓交感神経の改善作用から)。 脳・心血管疾患講演会

27. 笠間周:心不全症例の加療後の評価におけるI-123-MIBGの最新の知見。 21世紀心臓核医学カンファレンス

28. 笠間周:急性心不全におけるハンプの効果−心臓交感神経活性の改善作用から−hANPセミナー2005

29. 熊倉久夫:末梢動脈疾患に対する血管内治療のTASC分類別治療成績の検討。 血管内治療学会シンポジウム

30. 熊倉久夫: 末梢血管インターベンション:診断と治療戦略の基本と応用。 腸骨動脈におけるインターベンション。 CCT-Peripheral

31. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症に対するインターベンションのTASC分類治療成績。 群馬末梢血管病態研究会

32. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症に対する各種治療方法の遠隔期成績と生命予後。 脈管学会シンポジウム

33. 笠間周:心不全治療における心臓交感神経活性に対するValsartanの効果−123I-MIBG心筋シンチグラフィによる検討−ディオバン5周年講演会

34. 笠間周:虚血性心筋症の心臓交感神経活性および心機能に対するNicorandilの効果。 Nicorandil研究会

35. 笠間周:拡張型心筋症例におけるドブタミン負荷99mTc-tetrofosmin-QGSはβ-blocker療法後のresponderの推定に有用である。 群馬心不全研究会2005

36. 笠間周:左室駆出率が保持されている慢性心不全に対するcandesartanの投与は心臓交感神経活性を改善する−123I-MIBG心筋シンチによる検討−核医学会

37. 羽鳥貴:急性心筋梗塞再灌流後におけるニコランジル投与は心臓交感神経活性および心機能を改善する−123I-MIBG心筋シンチによる検討−核医学会

38. 笠間周:非虚血性心不全における心臓交感神経活性および心筋リモデリングに対するTorasemideの効果−123I-MIBG心筋シンチグラフィによる検討−世代核医学研究会

  閉じる