学会発表  2008年(H20年)
1. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の病態とカテーテル治療の長期成績 ―木を見て森を診る―フットケア学会学術集会

2. 熊倉久夫:Chronic Kidney Disease, Critical Limb Ischemia, and Diabetes Mellitus are Ultimate Risk Factors in Long-term Survival of Peripheral Arterial Disease.循環器学会 

3. 熊倉久夫:Beraprost Inhibits Intimal Proliferation after Iliac Stenting in Patients with Peripheral Arterial Disease.循環器学会

4. 熊倉久夫:Direct Stenting without Predilataion in Chronic Total Occlusion Prevents Distal Enboli in Iliac Arterial Intervention.循環器学会

5. 熊倉 久夫:PPIライブ1 腎血管、Iliac循環器学会

6. 金井宏義:Differences of Risk Factors and Prognosis between Critical Limb Ischemia and Intermittent Claudication in Peripheral Arterial Disease.循環器学会

7. 金井宏義:Lesion Specificity of Risk Factors among Iliac, Femoral, and Below-the-Knee Lesions in Peripheral Arterial Disease.循環器学会

8. 金井 宏義:Analysis of valvular Heart Disease in Patients with Peripheral Arterial Disease assessed by Ultrasound Cardiography.循環器学会

9. 笠間周:Prognostic Value of Cardiac I-123 Metaiodobenzylguanidine Imaging in Patients with Stabilized Chronic Heart Failure and Reduced Left Ventricular Ejection Fraction循環器学会

10. 笠間周:Featured Research Session -New Clinical Approach for Acute Myocardial Infarction-Immediate Administration of Mineralocorticoid Receptor Antagonist Spironolactone Improves Sympathetic Nerve Activity after Reperfusion Therapy in Patients with Acute Myocardial Infarction.循環器学会

11. 笠間周:Effects of Combined Spironolactone and Candesartan on Cardiac Sympathetic Nerve Activity and Left Ventricular Volume in Patients with Heart Failure。循環器学会

12. 笠間周:心臓核医学会 心臓核医学会ジョイントセミナー 心不全治療の効果評価における I-123 MIBG心筋シンチグラフィの有用性 循環器学会 シンポジウム

13. 笠間周:Intravenous Nicorandil Attenuates Reperfusion Phenomena and Increases Salvaged Myocardium in Patients with First Anterior Acute Myocardial Infarction. 循環器学会

14. 笠間周:Prediction of Functional Recovery after Coronary Artery Bypass Grafting in Patients with Coronary Artery Disease Using Serial TL/BMIPP Dual SPECT. 循環器学会

15. 笠間周:Effects of Nicorandil Treatment on Cardiac Sympathetic Nerve Activity and Incidence of Cardiac Events in Patients with Acute Myocardial Infarction. 循環器学会

16. 笠間周:Intravenous Atrial Natriuretic Peptide Attenuates Reperfusion Phenomena and Increases Salvaged Myocardium in Patients with First Anterior Acute Myocardial Infarction.循環器学会

17. 小泉 聡:Effects of Statin Treatment on Cardiac Sympathetic Nerve Activity and Incidence of Cardiac Events in Patients with Acute Myocardial Infarction.循環器学会

18. 小泉聡:Impact of Insulin Resistance and Chronic kidney Disease on Long-term Patency after Percutaneous Peripheral Intervention.循環器学会

19. 新木義弘:Long-term Results of TransAtlantic Inter-Society Consensus U (TASC-U)Stratification for Percutaneous Peripheral Intervention (PPI) in Patients with Peripheral Arterial Disease (PAD). 循環器学会

20. 新木義弘:Prevalence and Risk Factors of Co-existence Vascular Diseases in Patients with Periheral Arterial Disease (PAD). 循環器学会

21. 新木義弘:Risk Factors of Carotid Artery Stenosis and Cerebral Infarction in Patients with Peripheral Artery Disease.循環器学会

22. 根岸一明:Torasemide Treatment Improves Cardiac Sympathetic Nerve Activity as Well as Combined Furosemide and Spironolactone Treatment in Patients with Heart Failure. 循環器学会

23. 熊倉 久夫:末梢インターベンションの長期成績と合併症 ―効用とピットフォル― 北関東甲信越 Peripheral Intervention 研究会

24. 熊倉 久夫:腸骨動脈インターベンションの合併と術後薬物療法 ―IVUSと遠隔期成績からみたステントと薬剤特性― Japan Endovascular Treatment Conference 2008

25. 熊倉 久夫:腸骨動脈完全閉塞疾患に対するIVUS併用 direct stent 留置術 ―合併症予防としての有効性―。血管外科学会

26. 笠間周:フィルムリーディング-高安病の薬剤負荷心筋シンチグラフィ所見- 群馬心臓核医学検討会

27. 笠間周:冠動脈バイパス術15年後に急性前壁中隔および下壁心筋梗塞を発症し重症心不全を来した一症例-長期hANP治療の有効性-。 群馬HANPフォーラム

28. 笠間周:冠動脈バイパス術前後に施行する201TL/123I-BMIPP dual SPECT は慢性期新機能改善予測に有用か。 心臓核医学談話会

29. 笠間周:急性心不全および急性心筋梗塞にあけるhANPの有用性-心臓交感神経活性の改善および心筋リモデリング抑制効果からの検討-。h-ANPフォーラム in MEIDAI 特別講演

30. 笠間周:心不全の治療とアルドステロン。群馬県循環器疾患研究会

31. 熊倉久夫:産業医に知っていただきたい、下肢虚血性潰瘍病変に対するラップ療法とインターベンション ―効用とピットフォール― 吾妻郡医師会

32. 熊倉久夫:PAD診療の問題点と今後。群馬PADカンファランス

33. 小泉聡:末梢血管拡張術後の開存規定因子の解析 ―インスリン抵抗性と腎機能の関係― 群馬PADカンファランス

34. 笠間周:うっ血性心不全症例におけるMIBG心筋シンチグラフィの予後評価。群馬県核医学研究会

35. 熊倉久夫:EVT Educational Live 2)治療適応5)ライブ:コメンテーター KOKURA LIVE

36. 熊倉久夫:下肢動脈ステントの効用とピットフォール 東海Endovascular Symposium

37. 金井宏義:腸骨動脈閉塞病変への血管内治療後、浅大腿動脈閉塞病変が自然再開通した一例。群馬血管疾患治療懇話会

38. 市川 秀一:Hypertension Mini Discussion Meeting 〜厳格な降圧を求めて〜

39. 熊倉 久夫:下肢虚血性潰瘍の病態と治療 ―ラップ療法、血管内治療から遺伝子治療まで― 群馬県末梢血管病態研究会

40. 笠間周:急性心不全および急性心筋梗塞におけるhANPの心臓交感神経活性に対する効果 心臓核医学会 イブニングセミナー

41. 笠間周:低心機能心不全症例における123I-MIBG心筋シンチグラフィの予後の検討 -退院時代償期と半年後の2回評価の有用性- 。心臓核医学会

42. 笠間周:急性心不全および急性心筋梗塞におけるカルペリチドの治療効果 −123I-MIBG心筋シンチグラフィーによる検討−。徳島市医師会学術講演会

43. 笠間周:日常診療における循環器疾患に対する123I-MIBG心筋シンチグラフィの有用性。広島心臓核医学のゆうべ

44. 金井宏義:末梢血管拡張術後の開存規定因子の解析。血管内治療学会

45. 熊倉久夫:腸骨動脈完全閉塞疾患に対するIVUS併用direct stent 留置術の有効性。血管内治療学会

46. 笠間周:Immediate administration of mineralocorticoid receptor antagonist spironolactone improves cardiac sympathetic nerve activity after reperfusion therapy in patients with first acute myocardial infarctio.心臓病学会・若手研究者奨励賞 (Young Investigator's Award)

47. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の診断と治療  高崎循環器研究会

48. 熊倉久夫:当院におけるVascular Labの現状と将来展望 脈管学会

49. 熊倉久夫:閉塞性動脈硬化症の生命予後は腎機能低下、重症虚血肢、糖尿病で低下する。脈管学会

50. 小泉聡:末梢血管拡張術後の開存規定因子の解析 脈管学会

51. 金井宏義:重症虚血肢患者と間欠性跛行患者の危険因子および予後の比較検討。脈管学会

52. 笠間周:急性心筋梗塞症例に対するニコランジル長期経口投与が心臓交感神経活性および主要有害心イベント(MACE)に及ぼす影響 Nicorandil 研究会

53. Shu Kasama:Effects of candesartan on cardiac sympathetic nerve activity in patients with chronic heart failure and preserved left ventricular ejection fraction. International Symposium on Cardiac Sympathetic Neuroimaging

54. 笠間周:急性心筋梗塞症例に対する HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン製剤)投与が心臓交感神経活性および主要有害心イベント(MACE)にもたらす作用。群馬県核医学研究会

55. 笠間周:循環器疾患に対する123I-MIBG心筋シンチグラフィの有効活用法。岐阜県心臓イメージング勉強会

56. 市川明子:ARB(テルミサルタン)の高血圧長期投与による血圧、RAA系、脂質系への影響。腎臓学会学術

57. 尾林 海、熊倉久夫:孤立性肺転移で再発した褐色細胞腫の1例。群馬県症例検討会

58. 新木 義弘:心不全治療中ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)が原因と思われる、右心内巨大血栓の一例。群馬県症例検討会

  閉じる