学会発表  2011年(H23年)
1. 笠間 周:心上全治療における心臓交感神経イメージングの有用性 群馬高血圧講演会

2. 笠間 周:急性冠症候群におけるTc-99m MIBI washoutの有用性 MIBI imaging protocol conference (MAGIC-3)

3. 笠間 周:急性冠症候群における Tc-99m-hexakis-2-methoxyisobutylisonitrile 心筋シンチグラフィを用いた検討 -cardioGRAFの有用性- 群馬県核医学研究会

4. 笠間 周 ST上昇型心筋梗塞症例における予後評価 -123I-MIBG 心筋シンチグラフィは予後予測に有用か?- 心臓核医学会

5. 笠間 周:心上全症例における carvedilol の使用方法及び容量設定に関する考察 -心臓交感神経活性の改善作用からの検討- 慢性心上全 follow-up semina

6. 笠間 周:急性心上全治療を交感神経機能障害と言う観点から評価・検討する 道北臨床心臓研究会

7. 笠間 周:心上全治療における心臓交感神経イメージングの有用性 群馬高血圧講演会

8. 笠間 周:Evaluation of Sympathetic Nerve Activity and Aldosterone Suppression in Decompensated Heart Failure Patients on the Treatment with Atrial Natriuretic Peptide 日本循環器学会

9. 笠間 周 Effects of Immediate Administration of Selective Aldosterone Blocker Eplerenone on Cardiac Sympathetic Nerve Activity in Patients with Acute Myocardial Infarction日本循環器学会

10. 笠間 周:Effects of Selective Aldosterone Blocker Eplerenone on Sympathetic Nerve Activity and Left Ventricular Remodeling in Patients with Congestive Heart Failure 日本循環器学会

11. 笠間 周:Effects of Immediate Administration of Rosuvastatin on Sympathetic Nerve Activity in Acute Myocardial Infarction Patients with Normal Low-Density Lipoprotein Cholesterol日本循環器学会

12. 笠間 周:Serial I-123 Metaiodobenzylguanidine Scintigraphic Studies Are More Useful for Predicting Sudden Death than One-time Scan in Stabilized Chronic Heart Failure Patients日本循環器学会

13. 笠間 周:Effects of Adding Intravenous Nicorandil to Standard Therapy on Cardiac Sympathetic Nerve Activity in Patients with Decompensated Acute Heart Failure 日本循環器学会

14. 笠間 周:ミート・ザ・エキスパート 「非心臓手術の循環器周術期管理のコツ《 「周術期管理のTipsとPitfalls《  -Tips and pitfalls during perioperative management- 日本循環器学会

15. 笠間 周:教育講演 慢性心上全症例における心臓核医学検査の有用性 日本核医学会総会

16. 笠間 周:急性心上全症例に対するニコランジル投与の心臓交感神経活性および微小循環障害に及ぼす効果 Nicorandil研究会

17. 笠間 周:DPC における心臓核医学について 日本心臓核医学会 地域別研修会

18. 笠間 周:中間集計報告ならびに当院の代表例呈示 群馬CKD心筋SPECT検討会

19. 笠間 周:心上全治療の薬物療法と心臓再同期療法について -他覚的評価法の検討- 伊勢崎佐波循環器勉強会

20. 笠間 周:I-123 MIBG心筋シンチグラフィのエビデンスと問題点 心臓核医学症例検討会2011

21. 金井 宏義:両側肺動脈狭窄を認めた大動脈炎症候群の一例 17 群馬県症例検討会

22. 金井 宏義:腸骨動脈病変患者におけるTASC-II 分類間の病態の検討 第52回 日本脈管学会 2011

23. 金井 宏義:Hypercholesterolemia and Age are Predominant Risk Factors among TASC-II Classifications in Patients with Iliac Artery Lesions. 日本循環器学会

24. 金井 宏義:Cause of Cerebrovascular Death in Peripheral Arterial Disease: Effects of Medical Treatments and Risk Factors for Mortality 日本循環器学会

25. 熊倉 久夫:Cause of Cerebrovascular Death in Peripheral Arterial Disease: Effects of Medical Treatments and Risk Factors for Mortality 日本循環器学会

26. 熊倉 久夫:栄養状態からみた閉塞性動脈硬化症の生命予後 *Obesity paradoxとCKDの影響*  日本脈管学会

27. 熊倉 久夫:85歳以上の高齢閉塞性動脈硬化症患者に対する血管内治療の適応と成績 群馬IVR研究会

28. 熊倉 久夫:閉塞性動脈硬化症の危険因子と生命予後- Obesity paradox と CKD の影響 - 群馬臨床カンファランス

29. 熊倉 久夫:閉塞性動脈硬化症に対するIVR治療は生命予後を改善する 日本IVR学会総会

30. 熊倉 久夫:閉塞性動脈硬化症の病態における性差 群馬県末梢血管病態研究会

31. 熊倉 久夫 閉塞性動脈硬化症における腎動脈狭窄および腎機能障害の頻度と危険因子 日本内科学会

32. 熊倉 久夫:閉塞性動脈硬化症(PAD)の診断と治療 ―薬物、血管内治療からラップ療法まで― 群馬郡医師会学術講演会

33. 熊倉 久夫:閉塞性動脈硬化症(PAD)の病態と治療 日本皮膚科学会 東部支部学術大会

34. 熊倉 久夫:EVT(浅大腿動脈領域)の実際と私の工夫  日本血管外科学会教育セミナー

35. 熊倉 久夫:栄養状態からみた閉塞性動脈硬化症の生命予後 ―Obesity paradpxとCKDの影響― 日本脈管学会

36. 熊倉 久夫:マルチスライスCTによる脈管疾患の低侵襲的診断 群馬血管疾患治療懇話会

37. 桑原 真吾:人工心肺トラブルにおける当院の工夫~人工肺交換を経験して~ 4 北関東ハートフォーラム

38. 中島 邦喜:高度大動脈基部石灰化と大動脈弁狭窄症を伴った症例に対する1手術例 北関東ハートフォーラム

39. 藤田 きしゅう:高安動脈炎に起因する肺動脈狭窄の1手術例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会

40. 南 和友:心臓・血管外科治療の現状と将来展望~ルーチンの手術から心臓移椊まで~ Open Film Conference

41. 北條 義明:脳、冠、腎、末梢に病変を認めた線維性異形成の一症例 群馬血管疾患治療懇話会

  閉じる