狭心症・心筋梗塞  腎血管性高血圧(腎動脈狭窄症)  成人先天性心疾患の外科治療  下肢静脈瘤
 心不全  閉塞性動脈硬化症  心臓弁膜症  大動脈の病気
 不整脈  腎不全 透析療法  冠動脈バイパス術  
 高血圧    頸動脈狭窄症  整形外科
  眼  科  人間ドック     救急医療
下肢静脈瘤 
下肢静脈には血液が重力によって逆流しないように逆流防止弁がついていますが、それらの弁が壊れると血液が逆流し、うっ血が生じて血管が拡張し下肢静脈瘤となります。
 

こんな症状があったら下肢静脈瘤かも・・・

・足の静脈がコブ状になり、だるい・重い・疲れる・ほてる
・歩行時もしくは就寝中に、こむら返り(足がつる)を起こす
・かゆみ・皮膚硬結・皮膚炎や湿疹がある
・皮膚が黒くなる・潰瘍ができている


下肢静脈瘤の治療法
・保存的治療:生活習慣の改善や弾性ストッキングなどで症状を改善したり、進行を予防する治療です。
・硬化療法:静脈瘤に硬化剤を注射して固めてしまう治療です。小さな静脈瘤が治療の対象です。
・手術は静脈を抜き取る手術(ストリッピング手術)が代表的な方法です。
・近年、高周波(ラジオ波)による血管内治療が保険適応となり局所麻酔で、
 とても小さな傷で治療できようになりました。当院ではこの治療を積極的に行っています。


高周波血管内焼灼術のイメージ

提供:日本コヴィディエン株式会社
 

当院での治療の流れ
患者さんの通院の負担を軽減するために検査、手術予約は1日で行っております。

・診察当日:検査、診察、手術日予約、入院予約を1日で行います。
・手術当日に来院し1泊2日の入院で手術を行います。
・術後1週後、数ヶ月後に経過を見させていただき治療は終了です。

 
心臓血管外科
 依田 真隆