看 護 部 リハビリテーション課  検 査 課  放 射 線 課
M E 課 
 医療機器と患者の架け橋「ME課」です

ME課は、生命維持管理装置の操作を業務の中心としている部門患者様の思いを受け止め、理解と納得に基づいた医療の提供に努めています。医療を安全に提供するために医療機器の保守点検を行っています。
スタッフ:臨床工学技士8名 看護師3名 透析室助手2名

手術業務
手術室で開心術(心臓バイパス術、人工血管置換術等)の際使用される人工心肺、補助循環(大動脈バルーンパンピング:IABP、経皮的心肺補助補助法:PCPS)の操作
 
人工心肺装置
心臓カテーテル業務
心臓、末梢血管のカテーテル治療で使用される血管内超音波装置(IVUS)、ペースメーカー植込み時に使用するペースメーカープログラマー(設定変更を行う装置)の操作。

IVUS画像
血液浄化業務
慢性腎不全の患者様に行う人工透析を臨床工学技士、看護師と連携し行っています。動脈硬化性疾患や糖尿病が原因となる下肢の潰瘍等を予防するためフットケアを行っています。

人工透析

フットケア

集中治療業務
補助循環装置(IABP、PCPS)の管理や心臓が原因で起きた場合の急性腎不全に行う持続血液浄化療法(CRRT)や人工透析、肝不全に対して行う血漿交換療法(PE)をICU看護師と連携し施行しています。


CRRT
 
IABP

医療機器管理業務
使用上、精度を求められる人工呼吸器、定量ポンプ(輸液、シリンジポンプ)、除細動器、心電図モニターの動作点検、定期点検を行っています。

 
人工呼吸器
ペースメーカー外来業務
ペースメーカーの植込みをされた患者様に対し、定期的にペースメーカーの動作チェックを行っています。
 
ペースメーカーチェック