スタッフ

 私たちの目指す「リハビリテーション」は、単なる機能回復が目的ではなく、「生活の質の向上」、「自分らしく生きること」、 そして
「健康な生活」を目指して行うトレーニングのことです。

 私たちは、患者さんの「こんなことがしたい」という希望に耳を傾けます。
 リハビリテーションは、「機能回復」以外に「残された能力」、「潜在的能力」を最大限にひきだし
1人1人の人生に合った生活能力の獲得を目指します。
 つまり、豊かな人生を支援します。
 ご一緒に健康寿命の延長を目指しましょう!

北関東循環器病院リハビリテーション課の特徴

当院は、主に心大血管疾患や運動器疾患の急性期のリハビリテーションを
    行っています。
治療に合わせて、早期離床、早期自立、早期退院を目指し、病棟を主体に
    リハビリテーションを行います。
日々進歩する医療、医学に目を向けたリハビリテーション医療の提供を
    目指して行います。

理学療法士
6名

作業療法士
1名

施設基準

心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ

対象疾患

リハビリテーション開始から退院までの流れ

心筋梗塞、狭心症、開心術後、心不全、大血管疾患、閉塞性動脈疾患
脳血管疾患など
COPD、肺炎など
大腿骨頚部骨折術後、腰椎圧迫骨折、切断など

1.治療後または治療中、担当医によりリハビリテーション処方
2.リハビリテーション実施計画書を作成し、概要を説明
3.リハビリテーションの実施
4.退院後の在宅における運動および生活指導
5.退院

tj

 

 

 北関東循環器病院リハビリテーション課

 北関東循環器病院 リハビリテーション課 技師長  飯田克徳

運動をとおして、心身機能の回復または向上を図り、日常生活の向上、
健康な 身体、再発予防を支援します。

日常生活活動、家事、職場復帰を支援します。
平成26年度より心大血管疾患リハビリテーションに作業療法士が含まれました。

病院ホーム
部門紹介

病院ホーム
部門紹介