本文へスキップ

患者さんの立場で心のかよう看護を提供します

お問い合せはTEL.027-232-7111

〒377-0061 群馬県渋川市北橘町下箱田740

看護部門紹介

外 来

  当院の外来は循環器疾患だけでなく、糖尿病・呼吸器内科・整形外科・腎臓内科・消化器外科・脳神経外科・眼科・婦人科・泌尿器科があり、幅広い対応を行っています。
スタッフは、看護師、看護助手、ドクタークラークで構成され、看護師は、外来以外に放射線科・核医学検査室・内視鏡室での看護も行なうため、多くのスキルが要求されます。
外来では、新患や予約外受付の患者に問診を行い、状態の把握や緊急性の判断と安楽・安寧が保てるように看護を行っています。循環器疾患における緊急性の判断は重要で、その後の治療・予後に大きく影響します。
インフルエンザの予防接種時期や、受診する患者が多い、緊急性のある患者が続いて受診する、インスリン導入のための手技獲得の指導など、その時々で対応する内容は変わります。退院時に継続看護の必要性があると判断されれば、受診時に看護師が継続看護を行っています。
緊張感があり、忙しさもありますが、チームワークがよく明るい外来です。
外来看護師長 江澤 芳恵

 


手術室

  当院手術室は平成元年開設と同時に手術部業務も開始しました。平成24年までは諸事情から病棟看護師、外来看護師が兼務で手術室業務を担当してきました。主に心臓血管外科、眼科の手術を行ってきましたが、件数も増加し、人員も整ったため、平成24年4月より手術室は独立可動しました。
平成25年8月には手術室がリニューアルし平成26年6月からは電子カルテも導入され、機能的かつ効率的なシステムにより、私たち手術室看護師はより質の高い手術室看護が提供できる環境下となりました。
私たち手術室はチーム医療を念頭に、“明るい・安全・安心”をモットーに、日々手術室看護を実践しています。
また未経験者に対しては、当院の手術マニュアルを作成し、それに沿ってチーム全員で統一した教育ができるよう関わりサポートしています。
北関東循環器病院手術室は、チーム一丸となり手術室看護の提供に努めています。
手術室看護師長 猪岡 敏恵



2階病棟

  当病棟は、急性期病棟でICU4床、CCU4床、中間重症22床の計30床です。
主な疾患は虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)の冠動脈カテーテル治療や冠動脈再建術、不整脈に伴う永久的心臓ペースメーカー植え込み術や不整脈治療、心不全、大動脈疾患の手術、心臓弁膜症による手術などおこなっています。
2次救急病院としての入院患者の受け入れを使命とし、救急総合外科病棟でもあるため、最前線の医療・看護の知識・技術を各自が研修等で習得し、スタッフ間で共有して多くの患者さんが笑顔で退院できるのを目標に24時間(三交代制)患者と向き合った看護を行っております。
病棟スタッフの年齢層は20代から50代と幅広くその年の差は親子ほどもあります。救急救命はチームワークが大切ですが、師長、主任、ベテランを中心に元気で体力のある若手とうまくまとまり日々頑張っております。
是非、当院で一緒に働いてみませんか。お待ちしています。
2F看護師長 板倉 由美子

 


3階病棟

  当病棟は障害者加算病棟で、慢性維持期の患者さんを受け入れています。看護ケアを通して患者さんと多く関わり、視野広げています。帰属意識の高いスタッフにはいつも刺激されとても頼もしく思っています。新人育成は病棟スタッフ全員で対応する姿勢ができ実行されています。中堅の看護師もスキルを磨くために仲間を作り積極的に研修会や学会に参加しています。各自の役割を自覚し、行動することで成果が着実に表れています。
また、看護学生の実習を受け入れることで、初心に戻り看護の振り返りが出来ています。
今後、専門領域の看護師の育成やワークライフバランスなど希望を持って働き続けられる環境を応援していきます。
3F看護師長 塩野谷 正子

  


4階病棟

  当病棟は、病院の最上階にあり周囲の眺めがとても良い環境にあります。群馬県は風光明媚で、観光地も多く本当に大自然に癒されると感じています。北側の窓からは遠くに谷川岳、近くに榛名山。東側の窓からは雄大な赤城山とそののびやかな山裾に、暫く見とれてしまいます。当病棟の特徴は回復期の方を中心とした医療が行われており、診療科は多枝に渡っています。循環器内科、外科を始めとし、呼吸器、内分泌、消化器、眼科、整形など。又、それに伴い看護師は広い知識と多様な専門的技術を要求されます。従って、看護の質も高いものを目指しています。患者中心を前提とし、効率的な工夫を様々なところで実施しています。仕事の単純化や環境整備を行い無駄な導線をなるべく省ける努力をしています。又、全スタッフに対しては、「平等」を配慮した対応に心掛けています。各個人のレベルまで行き、その条件をクリアできるように努めています。勤務表は、師長からのラブレター?として受けとって貰えるように願いを込めて作成しています。良い仕事をするためには、オフの時間を如何に過ごすかが重要と考えています。自分を解放し、仕事のことは忘れること。
新人教育はこれからの課題でもありますが、プリセプターと共に全員でフォローし、共に成長していきたいと願っています。相互にクリティーク仕合い、信頼や真の意味で許しあえる関係にありたいとも願っています。
日々、師長として充実した仕事をさせて頂けているのは、4階スタッフの協力あってのことと感謝しています。
4F看護師長 竹淵 理恵



入退院センター

  時代のニーズに合わせて、2017年8月より入院から退院までを一貫して支援する入退院センターを設けました。同時に障害者病棟も立ち上げ稼動を始めました。
スタッフは、看護師3名・医療ソーシャルワーカー3名・事務員1名の7人で対応しています。
業務内容は、予約入院・緊急入院・入院キャンセル・他施設への転院の相談・他施設への外来受診の調整を行っています。入院する前の患者及び家族へのオリエンテーション・入院歴・家族歴を伺い、入院前に病棟へ情報を提供出来る仕組みになっています。当院は、急性期・障害者・慢性期(眼科の手術を含む)の3病棟で構成され、入退院センターで看護部長・各病棟の師長と毎日ミーティングを行い、ベットコントロールをしています。退院方向となり、社会的資源の必要な患者は、医師からの指示を受け、医療ソーシャルワーカーが介入して地域連携を行い、スムーズに家庭や施設に退院出来るよう、ネットワーク活動を行っています。まだ日が浅い部署ですが、お互いにコミュニケーションを取りながら、日々ベットコントロールがつくよう努力しています。
入退院センター長 福島 節子

 


救急・カテ室

  当部署は心臓カテーテル検査室と、夜間救急外来当直業務の担当部署として、2018年2月に新しく独立稼働しました。看護師5人の小人数な部署ですが、明るく活気のある職場を目指し日々奮闘しています。
開院時より循環器専門病院として、主に県北毛地区の住民の方を中心に、心疾患の検査および治療を行ってきました。
2017年12月には新しい心臓カテーテル検査室が稼働しています。CAG・AG・PCI・ペースメーカー埋込術・下肢PTA・シャントPTAなど、年間800例以上の症例があり、2018年5月にはCAG総数16000例を達成しました。PCIは年間200例、そのうち30例以上が休日・夜間の緊急入院となっています。患者に安心して検査・治療を受けていただけるよう、笑顔で声掛けを行い、不安の軽減を図ることを目標に、医師・放射線技師・臨床工学技士と共に、チームワークを第一に業務を行っています。
また、夜間救急外来においては、病院の理念である「循環器疾患を中心とした全人的医療・医学の提供」を実践すべく業務を行っています。年齢層も幅広く循環器疾患以外の患者様を多いため、当直医師・コメディカルと協力し診断・加療まで迅速な対応を心掛けています。
2018年の夜間救急外来患者数は755名(うち救急車252台 入院308名)、他病院への転院搬送も21件あり、各専門病院での早期治療が受けられるよう、24時間対応しています。
救急・カテ室 看護副師長 木暮 智美

 

北関東循環器病院 看護部北関東循環器病院 看護部

〒377-0061
群馬県渋川市北橘町下箱田740
TEL 027-232-7111
FAX 027-233-9092